自動車ディーラーの下取りってどうよ?

ひと昔前まで主流となっていたディーラーの下取り。

もちろん今でも利用されている方もいらっしゃいますが、

個人的な見解を述べさせて頂くとすれば、

ディーラーの下取り査定というのは、

ほとんどの場合で安い金額となっていますので、

あまりおすすめはできません。

 

 

 

これは僕自身の経験の中でも感じたことですし、

最近ではいろんなサイトやメディアで

「ディーラーの下取りは安い」なんて書かれていますので、

もしかしたら、そんなことは知っているという人もいるかと思います。

 


車を買い替える際などに、

ディーラーで新車を購入する場合、

そのディーラーでついでに下取り査定もしてもらえるという手軽さもあり、

ディーラー下取りには確かにメリットがあるのも事実です。

それに購入した車の納車時期に合わせて下取りしてくれたりなど、

車が無い期間を失くすことができるのも魅力的です。

 

 

大手自動車メーカーのディーラーであれば、

そのブランド力もあり、

安心して取引できるから良いという方もいるかもしれません。

 


でも、本当にそれだけの理由で車の売却先を決めてしまっていいのでしょうか?

もしかしたらもっと高く買取してくれる業者がいるかもしれないのに。

 

 

しかも車によっては数十万円も高く買取してもらえる可能性だってあるのに。

もったいないと思いませんか?

ほかの買取業者だったら数十万円高く買取してくれる可能性があるのに、

査定額の比較もせずに車をディーラーに下取りしてもらうのは。

 

 


そもそも、ディーラーというのはどういうところでしょうか?

 

 

意外と見落としがちなポイントなんですが、

街中で皆さんがよく見かけるディーラーというのは、

新車が数台並べてあるショールームのようになっているかと思います。

ということはどういうことになるでしょう?

そうです!ディーラーというのは新車を販売している店舗なのです。

 


ここで一つ皆さんに質問ですが、

このディーラーと、中古車をたくさん展示している中古車店。

どちらが中古車を高く買取してくれるでしょうか?

 

ディーラーは新車を売っているお店、中古車店は中古車を売っているお店。

中古車を販売するのはどっちのほうが得意だろうかと考えてみれば自ずと答えは出てきますよね?


はい!そうです!


今皆さんが思ったほうが正解です!

 


では、なぜディーラーは皆さんの中古車を下取りしてくれるのでしょうか?

当然こんな疑問も出てくるかと思いますが、

 

その答えは簡単です。「新車を買ってもらいたいから」です。

 


通常車を買い替える時というのは、

それまで乗っていた車を売却しなくてはなりません。

車のローンが残っていれば、

売却してローンの残債をゼロにする必要がありますし、

ローンの残債がなくても、

駐車場などの問題から車を売る必要が出てくるはずです。

 

 

ディーラーではそういったお客様にも新車を購入してもらえるように、

皆さんの車の下取りを行なっているのです。

要は新車販売のためのサービスだということですね。

 


しかしながら、

先程も言ったようにディーラーというのは新車を売るお店であって

中古車の取り扱いというのはほとんど行なっておりません。

だから自ずと中古車の下取り価格も安めの設定になっていることが多いのです。

 


手軽さやブランド力は確かに優れているディーラーですが、

高く車を売りたいと思うのであれば、

ディーラー下取りというのは、

とりあえず選択肢からは外しておいたほうがいいのかなと思います。

少なくとも個人的にはそう考えます。

 

 

このあたりをもう少し詳しく知っておきたいという人は

こちらの車買取大田区というサイトを参考にしてみてください。

実際に車を売却する経験に基づいて車を高く売るコツが紹介されています。