走行距離10万キロ以上!車体が傷だらけ!水没車!事後車!こんな車でも買取を諦めるな!

今年の夏もそうでしたが、

毎年日本のどこかで台風などによる災害が発生してしまいます。

こういった災害が起こってしまうと、

大切に乗っていた愛車が水没して

動かなくなってしまったりということもあるかと思います。

 

 

それ以外にも事故を起こしてしまったり、

走行距離が10万キロオーバーなんて車もあるんじゃないでしょうか?

 



そういった状態の車になってしまうと、

買取してもらうことなんて

到底無理だろうと諦めてしまう人も

いるかもしれませんが、

 

諦めるのはまだ早いです。

 


以前は事故車や水没車などの車は

廃車にするしかありませんでしたが、

 

今はそうではありません。

 

というよりは、

そういった動かなくなってしまった車を

専門に買取している業者もいるほどなのです。

 



一見利用価値がなくなってしまったかのように思える車ですが、

そういった車をを解体することで、

 

資源として活用させたり、

部品単位で再利用させることで

利益を上げることができるのです。

 

 

そしてそれは何も日本国内だけというわけではなく、

海外でも重宝されているため、

そういった諸外国に販売網を確立した買取業者が、

水没車や事後車などを買取しているのです。

 



そしてその買取業者は年々増加傾向にあり、

 

一説によれば、

 

普通の中古車よりも、

そういった不動車や

走行距離が10万キロオーバーの車のほうが、

売り手自身があまり価値がないと思いこんでいる分、

安く買取することができ、

利益率が高く

買取業者はおいしいとさえ思っているようなんです。

 



だから、

 

「こんな車でも買取してくれるならいくらでもいい!」

 

なんて思わずに、

 

どんな車であろうとも、

複数社の買取業者に査定してもらい、

時には交渉もして高額買取を目指してみるといいはずです。

 



いずれにしても、

自ら諦めて廃車にしてしまうと、

買取してもらうどころか、

自分でお金を支払って廃車にすることに

なってしまいますので、

 

それだけは絶対に避けたほうがいいかと思います。

 


ちなみに最近おすすめの事故車などの不動車を買取してくれる買取業者は、

この車買取倉敷市という車を高く売ることができた人の

体験談で紹介されていますので、

参考にしてみてはいかがでしょうか?

かなり勉強になるはずです!