車を売る前にタイヤやバッテリーなどの消耗品を交換しても意味ない!

タイヤの履き替えを最近したり、

バッテリーを最近新品に取り換えたりとかあると思います。

 

皆さんのご想像のとおり、

タイヤでもバッテリーでも

使い古されたものより新しいもののほうが査定上は良いわけです。

 

でも問題になってくるのが、

これから車を査定してもらおうという時に、

そういった消耗品関係を新品に交換してから売ったほうがいいのか?

ということなんですが、実のところそうではないことが多いのです。

 

実は先ほどいったタイヤなどの消耗品に関しては、

新品に交換済みだからといっても

買取金額にはそこまで反映されるものではなく、

 

むしろそういった車のメンテンナンスは普通やってあるよね!

 

くらいにしか買取業者は思わないからです。

査定額に影響を及ぼすケースとしては、

タイヤのワイヤーがむき出しになるほど古いタイヤだとか、

エンジンが動かないほどまでバッテリーが弱ってたりすると、

査定士のマイナス査定につながることはあるんですが、

 

一つの例として言えば、

新発売された新しいモデルのタイヤがあるからといって、

仮にそのタイヤに交換してもプラス査定になるということはないんです。

 

実はこのケース、

以前僕が実際にやってしまったケースなんですが、

買取業者には、これは査定にあんまり関係ないんで、次に車を売る時はやめといたほうがいいですよ!

と言われ衝撃を受けたことがあるのです。

 

つまり、

車においての消耗品関係、

要するにタイヤやバッテリーに関しては、

車を売ると決断してからは交換する必要性は全くないということ。

 

勘違いのないよう補足しますが、

古いタイヤやバッテリーより、

新品に交換されたタイヤやバッテリーの車のほうが

買取価格は高くなることに間違いはありませんが、

 

その交換に関して皆さんが支払う費用ほど

買取金額が高くなることは残念ながらなく、

やればやるだけ逆効果になる。

 

もっと簡単に言えば損してしまうだけということです。

 

ここでは車の消耗部品について書きましたけれども、

これから車を売却するところだという方は、

くれぐれも無駄な出費で失敗してしまわないよう、

是非交換などせずに現状のままで査定を受けるようにしてもらえたらと思います!